肝油ドロップ

肝油ドロップ

肝油と聞くと幼稚園や小学校の時に先生から一粒ずつ貰って食べた、肝油ドロップと思いだす人もいるかもしれません。深海鮫生肝油のサプリメントはコロコロとしたソフトカプセルに入っていることが多いので、そのようなイメージを思い浮かべるのかもしれませんが、深海鮫生肝油と肝油ドロップは全くの別物です。ますは肝油ドロップの歴史を見てみましょう。

明治17年に日本で発売された肝油は液状で、タラの油から作られていたため臭いもよくありませんでした。その後その肝油に糖分が加えられシロップになりました。明治44年に河合製薬が肝油の成分をドロップ状にすることに成功し、甘みのあるドロップの肝油は一気に世間に広まりました。

その後、とくに太平洋戦争後の食糧難の時期に、幼児がビタミン不足になりやすいことから学校給食などの栄養補助食品として使われました。当時はビタミンAが不足し夜盲症(とり目)になる児童が多くいたということから、肝油ドロップは大いに役立てられたようです。

しかし飽食の現代において、ビタミンAは不足することよりも過剰摂取による健康被害の方が心配されます。また現在の河合製薬の肝油ドロップは魚の油から作られているのではなく、日本薬局方という基準書に添ってビタミン類を混ぜ合わせて作られたビタミン剤です。ですから、肝油ドロップと深海鮫生肝油のサプリメントは原料も使われ方も全く別のものであることが分かります。

 

サイトマップ

スプレッドとは